Arban’s Diary

自身のEDHデッキ調整をメインにゆるく投稿しています

メモ:最近の試合を振り返って

9月もそろそろ半分というところになりました。今月の試合を振り返りながらまとめていこうかと思います。現在のデッキリストを希望の方はこちらの記事をご覧ください。arban-mtg.hatenablog.com

 

 

今月の調整において念頭に置いていた事

 今月のデッキ調整では大きく2つのポイントを意識しました。

①小さい動きを重ねつつ、カウンターや妨害札を構え行動する

②初手のキープ基準を厳くする

 

①「小さい動きを重ねつつ、カウンターや妨害札を構え行動する」に関しては、デッキリストの記事にも少々書きましたが今回の調整では細かい動きができるようリストを調整しています。

理由としては、ヤロクの動きを知っている方々は動き始め(1回目のキャスト自体)を止めてくる場合やコンボカード(呪文探求者等)を的確に止めてくる方が多く、打消しを構えていない状態でヤロクをキャストしても着陸できないことが多かったためです。土地自体を伸ばすカードを減らしているので、このタイミングで打ち消されるのが正直1番辛いです。

当初のデッキ構築では、ヤロクを3ターン目に着地させられるよう「3ターン目に5マナ」が目標でした。しかし、ヤロクをキャストしつつ対策カードを構えるには早いターンにさらなるマナ加速が必要になります。そのため、以前のウッドエルフティタニアの僧侶抜き花を手入れするもの花の絨毯を採用しました。

打消しのある対青では花の絨毯がマナを出してくれますし、ヤロクが出たあとに花を手入れするものから3マナ出せることから非常に良い動きをしてくれています。

打消し・対策系カードも少々調整し、夏の帳も入れたことで3-5ターン目までには何かしらの妨害札を手札に入れられることが多くなりました。しかし、意志の力・否定の契約がないためピッチの割合が少なく、マナ加速に頼らざるを得ないのが痛いです。

 

②「初手のキープ基準を少々厳くする」に関しては、デッキリストの変更に伴いダメージを受ける土地が増えたこと、①「小さい動きを重ねつつ、カウンターや妨害札を構え行動する」で触れたようにヤロクキャスト時に打消し対策を握っていたい事が影響しています。

前提として、このデッキではパリンクロンやフェアリーの大群で無限マナを狙うルートがあります。そのため、マナを出す際にダメージを受ける土地は無限マナの妨げになります(自分が無限ダメージを受けることになるため)。

上記の理由から、土地2~3枚以上(ダメージを受ける土地は1枚程度)+打消し系カードorそれにアクセスできる可能性があるカードorリスティックの研究などの妨害札1枚以上をキープ基準にしたところマリガンの回数が平均では増えました。しかし、妨害札を握った状態で始められるので、結果としては以前より妨害を受けても被害が少なくなったように感じています。

 

今後対応を考えなければならない部分

 ざっくり今月の意識したポイントをまとめましたが、プレイしていく中で当然新しい問題にもぶつかります。

「月の大魔術師」と「ターン追加系カード」です。

 

月の大魔術師は私のデッキにとって最悪の相性でした。血染めの月の方が割りやすいので何とかなるのに!と何度思ったことか。。。

コスト3なので衰微で壊せますがそもそも土地が山のみということも多く、バリスタで倒すくらいしか手がないことも多々ありました。月の大魔術師との経験を経て現在四肢切断を仮採用しているくらいにはトラウマです。

脱線しますが、四肢切断は月の大魔術師を倒せるだけでなく、ミケウスや白のETB能力封じを倒せるので悪くない選択肢かなとは思っています。色に関係なく使えるのが本当に優秀です。欲を言えば、早く黒にもパスみたいなの欲しいです……

話を戻して月系カードの対策を調べてみると、基本土地の枚数増やしてフェッチの枚数調整するという手もあるようでした。しかし、デュアラン積んでいない私のデッキではマナ基盤が少し力不足であるためフェッチを減らすという選択肢は正直ないです。そもそも、月1枚のためにやるにしてはデメリットが多すぎます。

やはり対象のクリーチャーを倒す手段が必要ということで、マナの色を気にせずマイナス修正で破壊不能にも対応できる四肢切断を仮採用することにしました。しばらく使ってみた使用感で今後の採用を決めるつもりです。 

 

ターン追加系カードに関しては、エターナルブルーのデッキで使われ、どうしようもなかった事から勉強しなければと感じています。この問題で難しいのは、自分しか止められないときに打ち消しても結果として他人のアドバンテージになる⇒勝ちにつながらないという部分です。単純にハンドのリソース減らしているのは自分だけということになりますからね。

エターナルブルーのデッキは当然のように打消しモリモリ+墓地をデッキに戻す手段があるので打消しカードのリソース勝負では確実に負けます。そのため他プレイヤーとの協力をしたい場面が多々あるのですが、色的に打ち消せるのが自分だけという場合も多く咎めきれないという印象でした。これはマストカウンタータイミングを自分が知らないこと(知識不足)による部分が多いと感じました。詳しい方がいればぜひ一度お話を伺ってみたいですね。

 

最後に

ここに挙げたのは、ほんの一例ですがまだまだ考えなければならないことは多いなと感じました。まずは、他の統率者の固有色の確認と自分のマナベースに基本地形を含めつつ揃えていくことを意識しプレイできるようにしたいと思います。こればかりは、練習あるのみでしょう!

 

あとは余談ですが、仮枠で入れていた王冠泥棒、オーコが仕事出来杉くんでした。

あのカードのヤバさは知っていたつもりでしたがEDHでも暴れ回るのかと使っていて恐怖を感じましたね。使われる側になったら正直終わります。

M21テフェリーも自分のデッキには刺さるので単体クリーチャー or PW除去を入れたいところなんですが意外とぴったりなのがないので悩んでいます。下手な黒の除去入れるより、内なる獣とかの方が良さそうなんですよね。このあたりは今後の課題ですね。

 

今月の後半はゼンディカーの夜明けも発売されリストも変更が必要になりますね。

カードリストは一通り確認しましたが、ヤロクでは大枠はこのままで微調整する形になりそうです。すぐに入れるとしても、1-2枚程度になりそうです。