Arban’s Diary

自身のEDHデッキ調整をメインにゆるく投稿しています

ゼンディカーの夜明けのカードを試してみました

こんばんわ。

今回はゼンディカーの夜明けで出た新カードをデッキで試してみた所感をざっくりまとめていきます。個人の感想なので参考程度にしてください。

あくまで、カード評価ではなく感想です。

いつものように断りを入れておきますが、私のメインデッキで使用している「冒涜されたもの、ヤロク」での使用を想定して考えています。他の統率者では当てはまらない場合もあると思いますのでご注意ください。

 

新弾発売と同時に試してみたカードは以下の3枚です

 

当惑させる難題/Confounding Conundrum

相手依存ではありますが、仕事はしてくれるという感じ。 ドローのおかげでハンドが減らないのが偉かったです。

実際に唱えるのは2ターン目なる事が多く、その際にマナ加速やリス研とダブった場合にこのカード以外を使うことの方が多い印象。

(マナ加速できているなら私はリス研を優先します。)

他のプレイヤーのテンポ(土地の伸びるペース)に干渉はできるが、意図的にフェッチを使わないなど対処はできるので、退かさないとやばい!というよりは邪魔だなぁという感じ。単体でアドを稼いでいるわけではないので、そこがネックでしょうか。

邪魔は邪魔だけど貼る側の私もアーボーグとか使うので、結局のところフェッチランドセットしてもマナ出るよね、という場面もあったり。。。。。

これがあると、土地のバウンスがキツクなるのでヤロクを着地させてくれない場面もありプラスにもマイナスにも働く1枚でした。それだけ影響を与えるカードではあるので想定プレイターンが伸びるほど仕事しそうな1枚です。

最終的には、とりあえず枠空いてたら入れるけどそのうち外す可能性もある1枚という感じです。もう少し試したいと思います。

 

ヤヴィマヤのドライアドで森を送りつけてやろうかとも考えたのですが、そのプレイヤーが土地を出していなければいけないので無理でした。使い方が難しいですね。

 

海門の嵐呼び/Sea Gate Stormcaller

新生化から呪文探求者のキルパターンを持ってこられるので試してみました。

呪文探求者に✚うろつく蛇豹とか持ってくると、クリーチャー打ち消されなくなるのでよりコンボが安定します。ただし、クリーチャーとスペルの2枚コンボですのでこれ揃えられるならデモコンタッサ揃えられるのが最大の問題でしょうか。一応、ギックスの僧侶がいるので黒単色ルートで悪い事できる気もしています。

結論としては、とりあえず待機組に行きました。強いけど単体で仕事してくれるわけではない✚デッキに組み合わせられる2コスト以下のスペルがそれほど無かったという問題にぶつかったためです。

ただし、絶対将来悪いことすると思っています。 今後出る2マナ以下のスペル次第で大変なことになるだろう1枚なので、とりあえず持っておいて損はないと思います。

3マナの土地を起こすタイプのフリースペルクリーチャーがいれば理想でした。悪いことがいくらでもできると思います。

白が使えれば、ヤロクがいる状態でちらつき鬼火と発現する浅瀬で能力誘発させまくるとか考えたのですが残念です。青でブリンクできる3コストETB能力持ちクリーチャーが待ち遠しい。

 

泥棒スカイダイバー/Thieving Skydiver

1番本採用を悩んでいる1枚です。

単純にアドを稼いでくれるのですが、デッキから持って来ても嬉しくないのが・・

メリットは単純明快で、ヤロクがいなくでも太陽の指輪や魔力の墓所を2~3ターン目に奪えるためヤロクのキャストが楽になるという点。ヤロクが出ていれば更に1枚奪えるので爆発的なマナ加速が見えてきます。また、2マナなので出産の殻から呪文探求者に繋げるエサになるのも地味に優秀。

デメリットはデッキからクリーチャーを場に出すギミックで持ってきても美味しくない点です。これが本当に使い難い。

願い爪のタリスマン⇒カードをサーチ⇒タリスマンのコントロール奪取

とか考えましたが、6マナ使ってやることではないと思います。。。

EDHでアーティファクトが場にないなんて事はまずないので、仕事はほぼ間違いなくしてくれるのです。しかし、競合している2マナ域には優秀なクリーチャーが多いのでどの枠に入れるべきか悩みの種です。単純なマナ加速要因として見るなら確実に1マナ加速できる緑のマナクリを使うべきでしょう。アーティファクトクリーチャーを奪うにはもっとマナが必要になるので、それならコンボパーツ集めやドローして妨害札引いてくる方が堅実敵な気がします。

 強いけど2~3ターン目の動きに使えるかといわれると悩みどころです。個人的には確実なマナ加速を優先したいと思ってしまいます。

とりあえずは、当惑させる難題と入れ替えながらしばらく試してみます。

 

今回は以上です。発売から1週間程度の使用感ですので、今後評価は変わっていくと思います。私も、自分が今感じているものが正しいのか自信はありません。皆さんの使い方を参考にしながら色々試していきたいと思います。