ラグーンの神秘家、アーチェロス 4【EDH/統率者戦】

EDHのデッキリスト更新しました。

変更履歴や過去の記事はこちらからご覧ください。

arban-mtg.com

 

今回はコンボの安定化と勝ちに行くルート確保のため調整した形です。

レベルとしては7程度を想定しています。

 

デッキリスト

今回からデッキリストの一覧とは別にMoxfieldさんに登録しているデッキのリンクも貼ることにしました。

Archelos to Light - Commander (Archelos, Lagoon Mystic) — Moxfield, a deck building website for Magic the Gathering

 

統率者

ラグーンの神秘家、アーチェロス

 

クリーチャー(13)

エルフの開墾者
サルーリの世話人
ヤスペラの歩哨
森を護る者
とぐろ巻きの巫女
幽体のこそ泥
イリーシア木立のドライアド
忍耐
秋の占い師
自然の怒りのタイタン、ウーロ
迷える探求者、梓
地表形成師
水底のドルイド、タトヨヴァ

 

インスタント(20)

吸血の教示者
夏の帳
払拭
暗黒の儀式
汚物の雨
渦まく知識
神秘の教示者
秋の帳
輪作
サイクロンの裂け目
リム=ドゥールの櫃
否認
狼狽の嵐
成長のらせん
断絶
意志の力
突然の衰微
遅延
陰謀団の儀式
内にいる獣

 

ソーサリー(19)

思案
三顧の礼
不屈の自然
北方行
悪魔の教示者
探検
森の占術
秋の際
自然の知識
遥か見
不気味な教示者
方程式の求解
破滅の終焉
見事な再生
選別の儀式
風景の変容
時間操作
白日の下に
深淵への覗き込み

 

アーティファクト(7)

ズアーの宝珠
バネ葉の太鼓
太陽の指輪
友なる石
願い爪のタリスマン
世界のるつぼ
彩色の灯籠

 

エンチャント(3)

マナ結合
森の知恵
資源の浪費

 

土地(37)

すべてを護るもの、母聖樹
ゼイゴスのトライオーム
ピラニアの湿地
ファイレクシアの塔
ヘイヴンウッドの古戦場
マナの合流点
ヤヴィマヤの沿岸
ラノワールの荒原
ヴェズーヴァ
冠水樹林帯
冠雪の島
冠雪の森
冠雪の沼
出現領域

抵抗者の居住地
新緑の地下墓地

樹木茂る山麓
水晶鉱脈
汚染された三角州
沸騰する小湖
湿った墓
湿地の干潟
生存者の野営地
睡蓮の原野
神秘の聖域
統率の塔
繁殖池
育成泥炭地
草むした墓
遺跡発掘現場
鏡の池
霧深い雨林
露天鉱床
風変わりな果樹園
魔女の小屋

 

デッキの説明

勝ち筋

勝ち筋は以下の3つ

  1. 見事な再生ループ
  2. 地表形成師を使用したループ(1のルートとほぼ同じ内容)
  3. 時間操作+神秘の聖域+土地サクリファイスによる無限ターン

1&2に関してはすでに他の記事でも触れているので1ルートのみ記載しておきます。

詳しい内容を見たい方は以下の記事からご確認ください。

ラグーンの神秘家、アーチェロスの紹介 - Arban’s Diary

 

見事な再生ループについて

アンタップ状態のアーチェロス + 土地が6枚以上あり4色以上出る状態から勝ちに行けるコンボルートです。

必要なのはアーチェロス + 白日の下に の2枚のみ。

このデッキではこのコンボをメインルートとしています。 

手順は

  1. 白日の下にを収斂(しゅうれん)4以上で唱える。
  2. 効果解決でデッキから風景の変容を唱える。
  3. 風景の変容で土地を6枚サクリ&サーチ。持ってくるのは、神秘の聖域・睡蓮の原野・遺跡採掘場・ピラニアの湿地・露天鉱床・冠水樹林帯(or育成泥炭地)
  4. 効果解決後のETB処理の際に、神秘の聖域で白日の下にをデッキトップに置く。(アーチェロスの効果により強制的にアンタップ状態で場に出るため、誘発効果が発動する)
  5. 水蓮の原野の生贄効果処理前に睡蓮の原野+神秘の聖域からマナを出し、そのまま2枚を生贄に捧げる。色は青・黒以外ならOK。今回は仮に赤として表記する(浮きマナ:青+赤3)
  6. 遺跡採掘場をサクリファイスし色マナを生成する。色は現在マナプールにあるもの以外であればOK。今回は仮に緑とする(浮きマナ:青+赤3+緑)
  7. ピラニアの湿地のETB効果で対象のプレイヤーが1点ライフを失う。その後、ピラニアの湿地から黒マナを出し露天鉱床でピラニアの湿地を破壊する(浮きマナ:青+赤3+緑+黒)
  8. 赤マナ1を使用し、冠水樹林帯のドロー効果を起動。デッキトップの白日の下にを手札に回収する。(浮きマナ:青+赤2+緑+黒)
  9. 浮きマナ全てを使用し白日の下にを収斂(しゅうれん)4で唱える。
  10. デッキから見事な再生を唱える。
  11. 墓地にある土地がすべて戦場に出る。この際、神秘の聖域と睡蓮の原野のETB能力が誘発するため見事な再生をデッキトップに置く。
  12. 上記手順を任意回数繰り返すことでピラニアの湿地のETB能力を無限回使うことで対戦相手に無限ライフルーズをすることとなりWin。

手順は若干異なりますが、地表形成師 + ファイレクシアの塔 + 魔女の小屋でも同じループを行うことができます。

地表形成師ルートでは、白日の下に1枚からスタートするためには条件が厳しくなることから積極的に狙いに行くことは少ないです。ただし、クリーチャーの打消しor誘発を消すカードがないと止められないルートであるため、相手のデッキによってはこちらを優先する事もあります。

採用している理由(長くなるので一部のみ)

・イリーシア木立のドライアド&友なる石&彩色の灯籠

収斂4以上を簡単に達成させてくれるカード、このデッキの潤滑油達

ゲーム展開次第では収斂5⇒タトヨヴァという流れもあります

タトヨヴァを採用していてアシーを採用していないのは単純に白日の下にから出せないため

 

・2マナランパンカード達

コンボのボーダーに関係してくる土地の枚数を伸ばせるため採用

逆にお帰りランド(バウンスランド)は戦場の土地の枚数が減ってしまうため不採用

アーチェロスといえばお帰りランド + 珊瑚兜への撤退 + タップで土地を出せるクリーチャーのようなアミュレットタイタンに近い動きが有名だが、コンボに必要な枚数がいずれも多い(統率者+2-3枚+エンドカード)というネックがある。

再序盤でのお帰りランドがあまりにも嫌すぎるため、私はパッケージごと抜いています。

 

・深淵への覗き込み

追い込まれた際の一発逆転ルートで、覗き込みで大量ドローからマナ結合で土地を大量に出すルートが存在します。

覗き込みを入れているのにむかつきを入れていないのは、白日の下に・風景の変容・見事な再生など4-5マナ域のカードがキーパーツであるため。むかつき構築を目指すならデッキ内の総コストを120程度まで下げたいですが、現在のリストでは総コストは約140。ここから無理に削っていくと機能不全を起こすことが多く、いっそむかつきをあきらめた方が良さそうという判断になりました。

深淵への覗き込みから見事な再生ループなどに移行できるのですが、手札と場に出るカートの組み合わせ次第なので少々ギャンブル要素が強いです。とはいえ、インスタントサーチ + 秋の際のように相性の良いカード達を組み合わせることでパーツを揃えることができるため、困ったときの必殺技として機能します。

母聖樹から打ち消せない覗き込みを打てることも採用理由の1つ。

 

・内にいる獣

暗殺者の戦利品じゃないの枠。

このデッキだと色の組み合わせを考えながら構えるのが難しかったため、緑単色で打てるうちにいる獣に軍配が上がりました。血染めの月や血染めの太陽を張られても緑が出れば何とかなるのは大きい。

 

・ズアーの宝球

見事な再生ループの際に土地をサクリファイスできる + ループ中に母聖樹を利用する際のライフ元として採用。これをサーチするためだけにウルザの物語を入れようか考える程。

0マナであることが偉く、警戒されても除去切ってくれても美味しいため絶妙に外せない1枚です。

 

今回はここまで。

まだまだ可能性は感じているのですが、活かしきれていない感が否めない。

もっと精進します。

 

Arban's Diaryの記事はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.